>>YouTubeの動画をパソコンにダウンロードしてしまう方法
こちらからダウンロードできます!


14才の母の展開

14才の母の今後の展開について
次長課長の河本が語っている動画があります。

これは第2日テレといって誰でも見れます。


思わぬ展望が、あのギターショップであるらしい。

撮影現場も和やかな感じですよ。^^
志田未来ちゃんもやっぱり可愛いです。


第2日テレ-14才の母-動画一覧

志田未来ちゃんの独占インタビュー


14才の母 第10話

14才の母-第10話-



第10話 (2006.12.13)



帝王切開による出産を終えた未希(志田未来)は、
出血が止まらず危険な状態に・・・。

意識の戻らない未希の姿を見て、加奈子(田中美佐子)はただただ
動揺するばかりだが、医師たちは 「今は未希を信じて待つしかない」
と言うことしか出来なかった。

一方、未希の赤ちゃんも危険な状態のため、NICU担当の小児科医で
ある土田太郎(誰かはお楽しみに!)により、新生児集中治療室に搬送
されることに。

忠彦(生瀬勝久)は、荒廃したアパートの一室を訪れ、そこで、変わり
果てた静香(室井滋)と智志(三浦春馬)の姿を目前にする。

驚きを隠せずも、せめて一目だけでも、未希に会うように頼み込む。

学校でも香子(山口紗弥加)、真由那(谷村美月)、恵(北乃きい)達が
未希の様子を心配していた。

そんな中、ICUで眠り続けている未希・・・

14才の母 第9話

14才の母-第9話-



第9話 「出産・命をかけた24時間」 (2006.12.6)



突然の陣痛に襲われた未希(志田未来)は、波多野(北村一輝)に
助けられ的場クリニックへたどり着く。
予定日よりも1ヶ月以上早いが、春子(高畑淳子)の判断でそのまま
自然分娩することに。



加奈子(田中美佐子)は不安でたまらないが、懸命に未希のそばで
不安ながらも励ます。



仕事から駆けつけた父、忠彦(生瀬勝久)は、未希の顔色があまりに悪く、
苦しんでいる様子におどおど。慌てて春子を呼び戻すと、既に赤ちゃんの
胎動も停止しており、 「早期胎盤剥離」

……未希も赤ちゃんも母子ともに危険な状態に陥っている・・・。



想像を絶する痛みに苦しみながら、未希は、うわごとのように智志(三浦春馬)の名前を呼ぶが―― 『きりちゃん・・・』

14才の母ドラマ予告-第5話-



第5話 「バイバイ…初恋が死んだ日」 (2006.11.8)



未希(志田未来)の 「産みたい」 という強い意志を聞いた恵(北乃きい)や真由那(谷村美月)たちクラスメイトは動揺を隠せず、職員会議では香子(山口紗弥加)たちが未希の退学へ向けて話を進めていた。



未希は、加奈子(田中美佐子)、忠彦(生瀬勝久)と一緒に、的場クリニックを訪ねるが、春子(高畑淳子)は14才での出産には多くの困難が伴うことを説明し、命の危険を伴う可能性もあるため、この病院では面倒をみられないかもしれないと未希に告げる。



一方、一ノ瀬家にやって来た静香(室井滋)は、未希が出産する覚悟だと知り愕然。さらに、息子のスキャンダルが来週発売の週刊誌の記事になると知り、気が気ではない。



まもなく、未希は、母のもとを逃げ出しマコト(河本準一)の店に来ていた智志(三浦春馬)と会い、智志や静香に迷惑を掛けずに出産すると宣言し、智志に父親になってもらうつもりはないと伝えて――。

14才の母ドラマ予告-第2話-



第2話 「お前なんかもう娘じゃない」 (2006.10.18)



妊娠していることに気づいた未希(志田未来)は、勇気を出して一人で産婦人科を訪れるが、戸惑いのあまり逃げ出してしまう。お腹の子の父親である智志(三浦春馬)にはその事実を打ち明けられず、カラ元気で普通のフリをする。



一方、母親の加奈子(田中美佐子)は未希の中で“何かが起こった”ことに気づき、あることからその事実がもしかしたら “妊娠” なのではないかと思い始める。



学校でもどこか様子のおかしい未希を親友の恵(北乃きい)たちは不思議に思うが、未希は誰にも話すことが出来ない。



そんな未希と恵のところに真由那(谷村美月)が現れ、ささいなことから大ゲンカになってしまう。担任教師の香子(山口紗弥加)からケンカのことを知らされた加奈子は、ケンカなどするはずのない未希の “変化” を察し、ついに、未希に妊娠のことを問いただす。



未希は、ある決意を持って母に事実を告げる。衝撃を受ける加奈子・・・。

子供だとばかり思っていた娘の妊娠を信じられない加奈子は、自分が未希を産んだ産婦人科・的場クリニックに未希を連れていく。



そこで産婦人科医・春子(高畑淳子)から、14才での出産がどれだけ大変なことなのか、中絶するにはどうするか、次々と事実を突きつけられた未希は――

14才の母ドラマ予告-第3話-



第3話 「さよなら…私の赤ちゃん」 (2006.10.25)



未希(志田未来)は、智志(三浦春馬)に勇気を出して妊娠したことを打ち明ける。思いもよらない未希の告白に動揺を隠せない智志。



一方、加奈子(田中美佐子)と忠彦(生瀬勝久)は智志の母・静香(室井滋)のもとを訪れ、未希の妊娠とお腹の子の父親が智志だということを告げる。



加奈子と忠彦は、まだ中学生の2人には、学校のこと、お金のことなど多くの問題があり、出産することは考えられないと未希に伝え、“手術” を早くしたほうがいい――と未希を説得する。



学校に行った未希は、恵(北乃きい)に様子がおかしいことを詰め寄られ、意を決して妊娠したことを告白する。



そんな中、静香の取材をしていた波多野(北村一輝)が身辺の異変に気付き――

14才の母:番宣



放送日当日の番組宣伝。
志田未来ちゃん、セーラー服で登場です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。